事業とサービス内容 BUSINESS&SERVICE

健全な建物の維持・保全のお手伝い
外壁の
調査から修繕工事まで

FSコラム工法

FSコラム工法とは、

従来、仕上材と躯体との間が空閨(10~70㎜)となっている。石張り工法などに対し、樹脂注入による固定は、不可能とされていましたが、本FSコラム工法は、可動式注入ノズルとコイル芯の開発により仕上材と躯体部を確実に連結固定できる画期的な技術です。

特徴

  • ○50mmの空間部であっても樹脂柱を成形することができる
  • ○ラージネックピン併用により固定強度が確保できる
  • ○石版と躯体が樹脂により一体化しているため耐震性に優れている
  • ○全ネジピンが樹脂の被覆によって錆が発生しない

FSコラム工法映像

可動式注入ノズルによる空隙部への樹脂注入

※樹脂の柱になっている施工状況

※樹脂の柱になっている施工状況

※施工後、仕上り状況

※施工後、仕上り状況

施工手順

×

PAGE TOP